Haiku

Aihe ja sana on vapaa. Täällä voit siis harjoitella japanin kirjoittamista ja pyytää teksteistäsi palautetta tai keskustella muuten vaan aiheesta kuin aiheesta. Japaniksi.

Valvoja: Belorfyn

Haiku

ViestiKirjoittaja Belorfyn » 07.09.2006 22:31

Tämähän voi olla hauskaa harjoitusta myös.
Jotta jopa mulla olisi mahdollisuus keksiä edes yksi, niin eiköhän me voida unohtaa muut säännöt kuin että tavut pitää olla 5-7-5, sana ei saa vaihtua säkeiden välillä (tämä kai on sääntö, vai onkohan?) ja pitää tietysti olla kieliopillisesti oikein :)

En ole vielä keksinyt omaa joten tämä esimerkki on wikipediasta (en):
古池や蛙飛込む水の音
(蛙 luetaan tässä かわず).

Alanpa sitten miettimään omaa, voi tosin vähän kestää :)
Belorfyn
Moderaattori
 
Viestit: 559
Liittynyt: 19.08.2006 13:27

ViestiKirjoittaja kame » 24.02.2008 20:40

寒い日や今日は学校へ行かない
kylmä päivä, tänään en mene kouluun

Heh, aika kauan meni noinkin yksinkertaisen haikun keksimiseen. Tuossa siis 'ya' ei ole 'ja', vaan sen pitäisi olla haikuissa käytettävä välimerkki (kireji), vaikka en ole varma käytetäänkö sitä noin.. Jos haikut kiinnostavat, niin voi käydä vaikka tuolla http://haikuguy.com/issa/ lueskelemassa Kobayashi Issan haikuja, joita on yli 8000.
Avatar
kame
 
Viestit: 200
Liittynyt: 20.10.2007 17:46
Paikkakunta: Tampere

ViestiKirjoittaja Zhivago » 17.08.2009 04:42

猫耳も
夜風に振れる
秋が来た
Tuota pyörittelin hyvän aikaa päässäni kun izakayasta aamu kolmen aikaan palatessani nain kulkukissan yöllä pudistelevan korviaan.
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Tanabe » 17.08.2009 14:28

Zhivago kirjoitti:猫耳も
夜風に振れる
秋が来た

Hyvää ja mielenkiintoista!
Olitko sinä tuon itse tehnyt?
Pidän tuosta haikusta.
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Zhivago » 17.08.2009 16:00

Tanabe kirjoitti:
Zhivago kirjoitti:猫耳も
夜風に振れる
秋が来た

Hyvää ja mielenkiintoista!
Olitko sinä tuon itse tehnyt?
Pidän tuosta haikusta.


うん、自分で作ったよ。(笑)
でも、季語とかそういうことを全然分かんないよ。(o.o);

Otan tässä vapauden korjata tuotostani niin että siinä on oikea(?) vuodenaikaan sopiva kigo, mutta en ole ollenkaan varma onko sen paikalla väliä.

猫耳も
夜風に振れる
秋始
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Tanabe » 18.08.2009 15:34

Zhivago kirjoitti:うん、自分で作ったよ。(笑)
でも、季語とかそういうことを全然分かんないよ。(o.o);

Otan tässä vapauden korjata tuotostani niin että siinä on oikea(?) vuodenaikaan sopiva kigo, mutta en ole ollenkaan varma onko sen paikalla väliä.

猫耳も
夜風に振れる
秋始

自作ですか! なかなか大したものですね。 情景が目に浮かびます。

Minusta on myös vaikea käyttää tai valita sopiva kigoa.
Voit löytää kigoa, esim. tästä sivustosta.
Siinä 秋始め kuuluu 傍題:lle. 傍題 ei ole 季語 vaan sen alaotsikko, mutta ehkä se on OK.

Muuten onko Suomessa kiinteä muotoinen runoja samanlainen kuin 俳句?
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Zhivago » 18.08.2009 17:07

Tanabe kirjoitti:
Zhivago kirjoitti:うん、自分で作ったよ。(笑)
でも、季語とかそういうことを全然分かんないよ。(o.o);

Otan tässä vapauden korjata tuotostani niin että siinä on oikea(?) vuodenaikaan sopiva kigo, mutta en ole ollenkaan varma onko sen paikalla väliä.

猫耳も
夜風に振れる
秋始

自作ですか! なかなか大したものですね。 情景が目に浮かびます。

Minusta on myös vaikea käyttää tai valita sopiva kigoa.
Voit löytää kigoa, esim. tästä sivustosta.
Siinä 秋始め kuuluu 傍題:lle. 傍題 ei ole 季語 vaan sen alaotsikko, mutta ehkä se on OK.

Muuten onko Suomessa kiinteä muotoinen runoja samanlainen kuin 俳句?

お優しい言葉をありがとうございます~

ま、大昔のフィンランド人はあんまり詩を詠まなかったと思う。カレワラは少しそういうことだけど、それは詩より歌です・・・
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Zhivago » 19.08.2009 05:51

Hmm
Miksiköhän tuo yllä oleva postaus ei näy :/

//Siinä oli tuo Wikipedian linkki viturallaan, korjasin ja nyt näkkyy! Oli tällälailla:
Koodi: Valitse kaikki
[url]www.osoite.fi]Linkki[/url]
kun olis pitänyt olla näin
Koodi: Valitse kaikki
[url=www.osoite.fi]Linkki[/url]
On se pienestä näköjään kiinni... -Silja
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Tanabe » 19.08.2009 16:42

Zhivago kirjoitti:ま、大昔のフィンランド人はあんまり詩を詠まなかったと思う。カレワラは少しそういうことだけど、それは詩より歌です・・・
う~ん...Kalevala は壮大すぎて、俳句とはちょっと違いますね~。

そうか、いっそのこと芬蘭語で 5-7-5 のリズムを創ればいいのか!

では、ここで一句。
ミナオレン ヤパニライネン トッタカイ。
Minä olen japanilainen totta kai.

もう一句。
シュクシュユオ キッサンコルバット ヘイルヴァット。
Syksy-yö kissankorvat heiluvat.

...ちょっと無理があるかなぁ。
でも芬蘭人の方が創れば、もっと良いのができそうですね。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Zhivago » 20.08.2009 11:11

Zhivago kirjoitti:Hmm
Miksiköhän tuo yllä oleva postaus ei näy :/

//Siinä oli tuo Wikipedian linkki viturallaan, korjasin ja nyt näkkyy! Oli tällälailla:
Koodi: Valitse kaikki
[url]www.osoite.fi]Linkki[/url]
kun olis pitänyt olla näin
Koodi: Valitse kaikki
[url=www.osoite.fi]Linkki[/url]
On se pienestä näköjään kiinni... -Silja


Kiitos ja *kumarrus* koodin ..herralle.
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Zhivago » 20.08.2009 11:15

Tanabe kirjoitti:
Zhivago kirjoitti:ま、大昔のフィンランド人はあんまり詩を詠まなかったと思う。カレワラは少しそういうことだけど、それは詩より歌です・・・
う~ん...Kalevala は壮大すぎて、俳句とはちょっと違いますね~。

そうか、いっそのこと芬蘭語で 5-7-5 のリズムを創ればいいのか!

では、ここで一句。
ミナオレン ヤパニライネン トッタカイ。
Minä olen japanilainen totta kai.

もう一句。
シュクシュユオ キッサンコルバット ヘイルヴァット。
Syksy-yö kissankorvat heiluvat.

...ちょっと無理があるかなぁ。
でも芬蘭人の方が創れば、もっと良いのができそうですね。


Kissankin korvat (5), yötuulessa heiluvat. (7) Syksy on täällä. (5)

Sinänsä hauskaa että tuon voi kääntää lähes tavu-tavusta suomeksi.
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Flarona » 31.08.2009 10:37

おもしろい
みなこれ読もう
見えるでしょ?

俳句はね
わるく書いても
できないよ

Tanabe kirjoitti:う~ん...Kalevala は壮大すぎて、俳句とはちょっと違いますね~。

実は、私も中学校の頃 「Kalevala詩」という詩を作ったのです。それは、tavuが8‐8‐8‐8...です。元々俳句も5‐7‐5‐7‐5‐7...の形をしていましたね。
Manu, märkä mäyräkoira
pitkospuitakin pitempi (pidempi)
hiirostakin harmajampi (hiirtäkin harmaampi)
maan matosta matalampi (maan matoa)
nyt kävi kettujahtihin, (kettujahtiin)
punahäntää pyydystämään.
jne.
ちょっと探したら見つけやすいです。
失敗もありますが、良く書けたと思います。

Tanabe kirjoitti:そうか、いっそのこと芬蘭語で 5-7-5 のリズムを創ればいいのか!

日本の俳句をフィンランド語に訳す人はモラよりtavuを使います。
Viimeksi muokannut Flarona päivämäärä 04.09.2009 02:58, muokattu yhteensä 2 kertaa
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 31.08.2009 16:53

Flarona kirjoitti: 日本の俳句をフィンランド語に訳す人はモラよりtavuを使います。
Minun on vähän vaikea löytää tavuja oikeasti.
Esitetäänkö tavuja viivan kanssa ala-asten koulun tekstissa?
Esim. niin kuin "Mi-nä o-lin ei-len sau-nas-sa".
Mikä tuo モラ on?
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Zhivago » 31.08.2009 17:42

Tanabe kirjoitti:
Flarona kirjoitti: 日本の俳句をフィンランド語に訳す人はモラよりtavuを使います。
Minun on vähän vaikea löytää tavuja oikeasti.
Esitetäänkö tavuja viivan kanssa ala-asten koulun tekstissa?
Esim. niin kuin "Mi-nä o-lin ei-len sau-nas-sa".
Mikä tuo モラ on?


Ala-asteen, tai ainakin ensimmäisen luokan kirjat on tavattu juurikin noin.

Su-si me-ni sau-naan. Oppilaat myös harjoittelevat lukemaan tavaamalla luettavat samat ensin. Ja kirjoittamalla sanoja opettajan lukieassa niitä ääneen.
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Silja » 31.08.2009 19:24

Tanabe kirjoitti:Mikä tuo モラ on?
モラは音節(tavu)より短い音の持続期間を表す単位。
例えば:「けん」という音節は二つのモラ(「け」と「ん」)で成り立ちます。

すみません、いい説明できません。。。
Avatar
Silja
Ylläpitäjä
 
Viestit: 897
Liittynyt: 13.08.2006 20:39
Paikkakunta: 札幌市/Sapporo

ViestiKirjoittaja Belorfyn » 31.08.2009 19:40

「(´へ`;ウームムム

。。
。。。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/モーラ
w( ̄o ̄)w オオー!
ミ☆ミ☆ミ☆
Belorfyn
Moderaattori
 
Viestit: 559
Liittynyt: 19.08.2006 13:27

ViestiKirjoittaja Tanabe » 01.09.2009 16:21

Siljaさん、Belorfynさん、ありがとう。
モーラが何なのかよく解りました。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Flarona » 05.10.2009 07:41

先週、私は日本語の俳句をはじめて作りました。その日、英語のWikipediaの「Kigo」という記事で「もみじ」と「はつもみじ」という言葉を習って、秋もとてもきれいだったので作りたくなったのです。でも書くときはもう遅くて辞典の本で漢字を調べて、「もみじ」に合っている漢字が2つがあると気づきました。でも、季語については何も書いてありませんでしたから、このような俳句を書いてしまいました。後でフィンランド語にしたものを付きます。

寒い日の緑緑や初黄葉 (さむいひの みどりみどりや はつもみじ)
kylmänä päivänä
kesän vihreys
ja keltaiset lehdet

黄葉に陽射し届いて目が眩む (こうように ひざしとどいて めがくらむ)
auringon säteet
syleilevät syksyn lehtiä
ja silmäni sokaistuvat

※「sokaistuvat」というより「häikäistyvät」のほうが良いかもしれません。

暗雲や紅葉一枚揺れている (あんうんや もみじいちまい ゆれている)
tummat pilvet
yksinäinen lehti
väräjää

※ちょっと短すぎるかもしれません...

それから筆ペンで何度も書き直しました。「葉」の横線が多くて、きれいで高すぎない形にするのは難しいです。〆(@_@)
今私は日本人も「黄葉」という書き方はあまりにも知られていないと知っていますが、もう変えることが嫌だと思うようになってしまいました。フィンランドの紅葉は日本の(関西の)紅葉と違うみたいですね。。。

関西をさす理由は、こんなことを聞いたからです。
関西で秋の紅葉(その木)の葉は紅くなりますよね。北の山の紅葉は黄色いですが、関西のほうは有名で、天皇も公家も公達も関西に住んでいて、紅葉はその木の名をもらったのです。そして、その人は俳句も沢山詠みましたから、「紅葉」と書くのが多いです。
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 12.10.2009 12:26

Flarona kirjoitti:寒い日の緑緑や初黄葉 (さむいひの みどりみどりや はつもみじ)

黄葉に陽射し届いて目が眩む (こうように ひざしとどいて めがくらむ)

暗雲や紅葉一枚揺れている (あんうんや もみじいちまい ゆれている)
ほお...日本人が作るのと少し趣が違いますね。
三つとも急激な季節の変化が読み取れるような雰囲気があります。
フィンランドでは夏から冬へと急に季節が変化するからでしょうか、そういう環境の違いなどが作風に出てくるのが面白いところだと思います。

Flarona kirjoitti:今私は日本人も「黄葉」という書き方はあまりにも知られていないと知っていますが、もう変えることが嫌だと思うようになってしまいました。フィンランドの紅葉は日本の(関西の)紅葉と違うみたいですね。。。

関西をさす理由は、こんなことを聞いたからです。
関西で秋の紅葉(その木)の葉は紅くなりますよね。北の山の紅葉は黄色いですが、関西のほうは有名で、天皇も公家も公達も関西に住んでいて、紅葉はその木の名をもらったのです。そして、その人は俳句も沢山詠みましたから、「紅葉」と書くのが多いです。
そうですね。
「黄葉」という書き方はほとんど見かけることがありません。
ふつう「紅葉」と書いて(こうよう)あるいは(もみじ)と読みます。

「もみじ」という言葉には2つの意味があって、
①山の木々の葉が赤や黄色に変色する現象
を指す場合、とFlaronaさんが言うように
楓(カエデ)科の木
を指す場合とがあります。
木のなかでは、イロハモミジが一番「もみじ」の木として親しまれているようです。

フィンランド語の ruska はもみじの現象(①)を意味するものですよね?

ruska という言葉を聞くとフィンランド人は黄色を連想するのでしょうか?
それとも ruskea と発音が似てるから茶色でしょうか?

もみじと聞くと私は赤の色を連想します。


p.k.)
後でフィンランド語にしたものを付きます。

フィンランド語にしたものを付けておきます。

関西をさす理由は、こんなことを聞いたからです。

特に”関西の”と書いた理由は、こんなことを聞いたからです。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Flarona » 13.10.2009 04:53

Tanabe kirjoitti:ほお...日本人が作るのと少し趣が違いますね。
三つとも急激な季節の変化が読み取れるような雰囲気があります。
フィンランドでは夏から冬へと急に季節が変化するからでしょうか、そういう環境の違いなどが作風に出てくるのが面白いところだと思います。

えっと...それはkoska vain teki mieli kirjoittaa tuollainen kolmen sarja からでしょう…。でも本当に趣に違いがあるかどうかわかりません。日本語の俳句を一冊しか読んだことがありません。
(ところで、その一冊を読みながらたとえば「緑」の「vehreys」という意味に初めて出会いました。)

Tanabe kirjoitti:フィンランド語の ruska はもみじの現象(①)を意味するものですよね?

そうですね。でも、山なんかないと思いますが、変色中の木々を意味すると思います。それより詳しい言葉ではありません。

Tanabe kirjoitti:ruska という言葉を聞くとフィンランド人は黄色を連想するのでしょうか?
それとも ruskea と発音が似てるから茶色でしょうか?

そうですね。私ならこんな色を想像します。
少し考えば「Taivas rusehtaa」という表現の「rusehtaa」の意味は「赤くなっていく」だと思います。「oranssi」は外来語なので、たぶん、フィンランドでは昔その代わりに「ruskea」を使わなかったかと思うのが自然かもしれません。だからruskaの色は今のruskeaじゃなくて、oranssiです。そしてkeltainenも。

夕べに凍りついた落ち葉を見ました。かえでの赤くなった葉もありました。

柔らかな
まだ赤色の
凍えた葉
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 17.10.2009 09:46

Flarona kirjoitti:そうですね。私ならこんな色を想像します。
なるほど。一目瞭然ですね。

Flarona kirjoitti:少し考えば「Taivas rusehtaa」という表現の「rusehtaa」の意味は「赤くなっていく」だと思います。
rusehtaaという単語は辞書には載っていませんでしたが、そういう言葉があるんですか...
普段あまり使わない言葉なのでしょうか?

Flarona kirjoitti:「oranssi」は外来語なので、たぶん、フィンランドでは昔その代わりに「ruskea」を使わなかったかと思うのが自然かもしれません。だからruskaの色は今のruskeaじゃなくて、oranssiです。そしてkeltainenも。
ruskeaにそういう歴史的背景があるのなら面白いですね。
日本語にも外来語の色の名前がいろいろありますが、一方でたくさんの伝統的な色の名前もあります。
ここに新しいスレッドをつくりましたので見てください。

p.k.)
フィンランドでは昔その代わりに「ruskea」を使わなかったかと思うのが自然かもしれません。

フィンランドでは昔その代わりに「ruskea」を使ったのではないかと思うのが自然かもしれません。


Flarona kirjoitti:夕べに凍りついた落ち葉を見ました。かえでの赤くなった葉もありました。

柔らかな
まだ赤色の
凍えた葉
なかなかいい句ですね。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Flarona » 02.11.2009 19:09

Tanabe kirjoitti:
Flarona kirjoitti:夕べに凍りついた落ち葉を見ました。かえでの赤くなった葉もありました。

柔らかな
まだ赤色の
凍えた葉
なかなかいい句ですね。

あっ、ありがとう。でも本物は本当にこの句より美しかったです。

最近俳句は本当に気に入りそうです。(^_^;)
今度は結句を合わせるのが難しかったです。切れ字は合っているのかしら。

キラキラの霜に包んだ月夜かな (きらきらのしもにつつんだつきよかな)

夜の景色(よのけしき)
夜景(やけい)
夜色(やしょく)
夜道(よみち)
どれにしようか考えてやっぱり「月夜」が良いと思ったのです。

そして、「キラキラ」を「ぴかぴか」に変えなければならないのでしょうか。きらきらの感じがずっと好きです。
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 03.11.2009 09:44

Flarona kirjoitti:あっ、ありがとう。でも本物は本当にこの句より美しかったです。
Jos osaat keksiä 俳句:ja ihanempi kuin aitoja asioita, olet jo sitten professionaalinen.
Se on tosi vaikea asia. :)

Flarona kirjoitti:最近俳句は本当に気に入りそうです。(^_^;)
Niinkö? Se on hyvä juttu.
Japanilaisen nuoriso sanoisi niin ”最近本当に俳句にはまりそうです。”
”○○に嵌(はま)る。” on muodikas sanonta, ja se tarkoittaa, että ”kiinnostua ja innostua jostakin”.

Flarona kirjoitti:今度は結句を合わせるのが難しかったです。切れ字は合っているのかしら。
Kun en tiedä tarpeeksi 俳句:sta, minun on vaikea selittää 切れ字:sta.
Esimerkiksi, alla oleva on hyvin tunnettu 松尾芭蕉(まつおばしょう):n 俳句.

荒海や佐渡に横たふ天の河

Vaikka 俳句 on niin lyhyt runo, tämä 俳句 on tosi suurenmoinen.
Kuten tiedät tuossa 「荒海や」 on 発句(ほっく), ja sanotaan, että hyvin keksitty 発句:lla on ”切れ”.
Hyvä ”切れ” on itsenäinen ja täydellinen, ja sitä arvostetaan, koska se antaa lukijalle pikku aikaa kuvitelemaan 発句:n antava kuvaa ja mitä tapahutuu sen jälkeen.

Tuo 「荒海や」 antaa lukijalle laajan meren kuvaa, mutta sen jälkeen tulee 「佐渡に横たふ天の川」, tämä johtaa lukijan näköalan odottamatta kauas avaruuteen, silloin liikutus syntyy lukijan sydämessä.
Näin tuo 発句:lla on hyvä ”切れ”.
(佐渡(Sado) on saaren nimi, joka sijaitsee Japni-merellä, 佐渡に横たふ天の川 kuvaa, että linnunrata levittää Sadon ylhäällä taivaalla.)

Yleensä 発句 loppuu 切れ字(「や」「けり」「かな」):n kansssa, se rajata ja tehdä ”切れ”:n pakolla.
Kuitenkaan hyvä ”切れ” ei tarvitse 切れ字:a, eli on paljon hyviä ”切れ”:ja ilman 切れ字:a.

Flarona kirjoitti:キラキラの霜に包んだ月夜かな (きらきらのしもにつつんだつきよかな)
Teoksessasi 発句:ssa ei ole 切れ字, mutta ”キラキラ” voi olla ”切れ”, jos se ei liity hallaan.
Jos kirjoitat ”キラキラ”, tämä sitten ei voi olla ”切れ”, koska se liitty kovasti 霜:on niin kuin ”キラキラな霜”.

Flarona kirjoitti:夜の景色(よのけしき)
夜景(やけい)
夜色(やしょく)
夜道(よみち)
どれにしようか考えてやっぱり「月夜」が良いと思ったのです。
Olen samaa mieltä. Mutta yhden ongelman tulee.
Ei voi käyttää enemmän yksi 季語 yhdessä. Tämä on 俳句:n perus-sääntö.
霜 on talven 季語 ja 月 on syksyn 季語.
Mutta 月夜 ei ole syksyn 季語 vaan 傍題(läheinen 季語), siksi teoksesi on OK....ehkä. :)
Se on erittäin vaikea keksimään haikuja säännön mukaisesti. Valitetavasti en osaa.

Flarona kirjoitti:そして、「キラキラ」を「ぴかぴか」に変えなければならないのでしょうか。きらきらの感じがずっと好きです。
Tässä tapauksessa 「ぴかぴか」ei ole sopiva. Se merkitsee metallista kiiltoa.

Teoksesi on hyvää ja mielenkiintoista.
Olet aika lahjakas!
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Flarona » 05.11.2009 04:10

いつも長いコメントや説明どうもありがとうございます。

実はね、切れ字としてひらがなを1つ使いたいと思ったんですが、思いついた言葉は3つと5つの字でした。そして、「夜の景色」より「月夜」が好きなので、2字の切れ字にするのが仕方なかったと思います。だから結句をあわせるのが難しかったと書いたのです。(。_。)

おかげさまで切れ字をわかり始めたと思います。コメントを読みながら「ああ、なるほどね。切れ字を切れなければ欲しい感じにならない所に付けばいいなら、切れ字が分ける部分はまるで自由詩の一行と同じようですね。切れ字は俳句の句読点だということはこんな意味でしたっけ」と思いました。一行にした自由詩を挙げましょう。

空を越えていく飛行機を観て再び見ると飛行機雲がどれかもうわからなくなった

無理ですが、これを俳句にすれば(笑)、どこで切ったほうが良いかな?
たぶん、このようでしょう。

空を越えていく飛行機を観て(切れ)再び見ると(切れ)飛行機雲がどれかもうわからなくなった

(俳句にするのは無理ですよ。「空越えた飛行機雲がわかれない…」ちょっと違うんですね。ところで、私の自由詩の翻訳です。)

Tanabe kirjoitti:Ei voi käyttää enemmän yksi 季語 yhdessä. Tämä on 俳句:n perus-sääntö.
霜 on talven 季語 ja 月 on syksyn 季語.
Mutta 月夜 ei ole syksyn 季語 vaan 傍題(läheinen 季語), siksi teoksesi on OK....ehkä. :)

月が一年中見えるのに、秋に月見がありますよね…。
「Ei voi käyttää enemmän yksi 季語 yhdessä.」というのは、yksi kigo yhdessä haikussaとか、yhden vuodenajan 季語yhdessä haikussaとか?
聞いたことがなかったんですが、もうこのように思っています。
初雪や かばの白黒 冬が来た
こんな俳句を見たら、まったく当たり前なことを言うのに、こんなものを俳句と呼ぶのか、と思ってしまうと思います。(^_^;)
(Kirjoitin mitä ensimmäisenä tuli mieleen.)

先週フィンランド語でも一句を書きました。

lampun valossa
kosteat koivunlehdet
kuin meripihkaa

(lam-pun va-los-sa kos-te-at koi-vun-leh-det kuin me-ri-pih-kaa)
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 07.11.2009 15:05

Flarona kirjoitti:実はね、切れ字としてひらがなを1つ使いたいと思ったんですが、思いついた言葉は3つと5つの字でした。そして、「夜の景色」より「月夜」が好きなので、2字の切れ字にするのが仕方なかったと思います。だから結句をあわせるのが難しかったと書いたのです。(。_。)

おかげさまで切れ字をわかり始めたと思います。コメントを読みながら「ああ、なるほどね。切れ字を切れなければ欲しい感じにならない所に付けばいいなら、切れ字が分ける部分はまるで自由詩の一行と同じようですね。切れ字は俳句の句読点だということはこんな意味でしたっけ」と思いました。
Minun mielestä sinulla on vielä vähän väärinkäsitystä 切れ:sta ja 切れ字:sta.
Suomenkielinen selitykseni olisi ollut huono ja epäselvä.
Kun en osaa selitää tarpeeksi suomenkielellä, siis kirjoitan japaniksi.

まず、「切れ」について説明します。
これは発句の部分(最初の5音節の部分)が、残りの部分に対する導入部分として完結性をもっている状態を言います。
「荒海や佐渡に横たふ天の河」の例では、「荒海や」の部分が発句であり、この言葉だけで非常に高い完結性がある(つまり、この発句を聞いただけで読者は情景の想像ができる)ので、この発句には「切れ」があるといえます。

次に、「切れ字」ですが、これには「かな」「や」「けり」があり、発句の最後の部分に使う時に限って「切れ」を生み出すことができます。しかし、もちろん「切れ字」を使わなくても上手に発句を選ぶと「切れ」は生み出せます。

俳句で大切なのは、良い「切れ」があること、だと言われています。
俳句の最後の部分に「切れ字」使っても「切れ」を生み出すことにはなりません。従って結句の部分に「切れ字」を入れることには、あまり拘る必要はありません。
発句でいかに良い「切れ」を生み出すようにするか、そういう練習を重ねると素晴らしい俳句が創れるようになっていくと思いますよ。

p.k.)
コメントを読みながら「ああ、なるほどね。切れ字を切れなければ欲しい感じにならない所に付けばいいなら、切れ字が分ける部分はまるで自由詩の一行と同じようですね。切れ字は俳句の句読点だということはこんな意味でしたっけ」と思いました。

コメントを読みながら「ああ、なるほどね。切れ字を欲しい感じに切りたい所に付けばいいなら、切れ字が分ける部分はまるで自由詩の一行と同じようですね。切れ字は俳句の句読点だということはこんな意味なのだろうか」と思いました。


Flarona kirjoitti:一行にした自由詩を挙げましょう。

空を越えていく飛行機を観て再び見ると飛行機雲がどれかもうわからなくなった

無理ですが、これを俳句にすれば(笑)、どこで切ったほうが良いかな?
たぶん、このようでしょう。

空を越えていく飛行機を観て(切れ)再び見ると(切れ)飛行機雲がどれかもうわからなくなった

(俳句にするのは無理ですよ。「空越えた飛行機雲がわかれない…」ちょっと違うんですね。ところで、私の自由詩の翻訳です。)
俳句にするのは難しいですねー。
俳句は短いから、「切れ」は一つしか作れないし、「切れ」の意味は句読点とはちょっと違っていて場面や情景の切り替えにならないといけないので。

でも、次の句でどうでしょうか?

つかの間の飛行機雲は友のもと (つかのまの ひこうきぐもは とものもと)

ここで「友」とは「飛行機雲の友達」つまり「雲」のこと。
ちょっとの間出ていた飛行機雲は、気がつくと仲間の中に入り込んで区別がつかなくなってしまった...というようなイメージ。

Flarona kirjoitti:「Ei voi käyttää enemmän yksi 季語 yhdessä.」というのは、yksi kigo yhdessä haikussaとか、yhden vuodenajan 季語yhdessä haikussaとか?
聞いたことがなかったんですが、もうこのように思っています。
私の説明がよくなかたようですね。
一つの俳句の中には、季語は一つしか入れてはいけないということです。

p.k.)
聞いたことがなかったんですが、もうこのように思っています。

聞いたことがなかったんですが、このようなことなのかなと思っています。

Flarona kirjoitti:「初雪や かばの白黒 冬が来た
こんな俳句を見たら、まったく当たり前なことを言うのに、こんなものを俳句と呼ぶのか、と思ってしまうと思います。(^_^;)
(Kirjoitin mitä ensimmäisenä tuli mieleen.)
どんな小さなことや当たり前のことでも、その中にちょっとした心の動きを見つけることができれば、そこから俳句を生み出すことができると思いますよ。

Flarona kirjoitti:先週フィンランド語でも一句を書きました。

lampun valossa
kosteat koivunlehdet
kuin meripihkaa
ランプの灯に輝く湿った白樺の葉は琥珀のようだ、という詩ですね。
美しいですね。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Flarona » 08.11.2009 07:48

Tanabe kirjoitti:
Flarona kirjoitti:実はね、切れ字としてひらがなを1つ使いたいと思ったんですが、思いついた言葉は3つと5つの字でした。そして、「夜の景色」より「月夜」が好きなので、2字の切れ字にするのが仕方なかったと思います。だから結句をあわせるのが難しかったと書いたのです。(。_。)

おかげさまで切れ字をわかり始めたと思います。コメントを読みながら「ああ、なるほどね。切れ字を切れなければ欲しい感じにならない所に付けばいいなら、切れ字が分ける部分はまるで自由詩の一行と同じようですね。切れ字は俳句の句読点だということはこんな意味でしたっけ」と思いました。
Minun mielestä sinulla on vielä vähän väärinkäsitystä 切れ:sta ja 切れ字:sta.
Suomenkielinen selitykseni olisi ollut huono ja epäselvä.
Kun en osaa selitää tarpeeksi suomenkielellä, siis kirjoitan japaniksi.

いいえ、全然わるくなかったですよ。ただ、霜の俳句についての話はTanabeさんのコメントを読む前に思ったことで、下には読んだ後の思いです。そう言った方がいいかもしれませんね。
そして他の「間違っているところ」は自分の自由詩の作り方のせいでしょう。良い説明ができないので説明しないほうが良いかもしれません。

Flarona kirjoitti:一行にした自由詩を挙げましょう。

空を越えていく飛行機を観て再び見ると飛行機雲がどれかもうわからなくなった

無理ですが、これを俳句にすれば(笑)、どこで切ったほうが良いかな?
たぶん、このようでしょう。

空を越えていく飛行機を観て(切れ)再び見ると(切れ)飛行機雲がどれかもうわからなくなった
括弧に「?」を付けようと思いましたが、やっぱり変じゃないかと思いましたから付けませんでした。それから「二句の俳句に出来るかな」と思いました。でも気づけずに気になっていたことを教えてくれてありがとうございます。
Tanabe kirjoitti:でも、次の句でどうでしょうか?

つかの間の飛行機雲は友のもと (つかのまの ひこうきぐもは とものもと)

ここで「友」とは「飛行機雲の友達」つまり「雲」のこと。
ちょっとの間出ていた飛行機雲は、気がつくと仲間の中に入り込んで区別がつかなくなってしまった...というようなイメージ。

「もと」はわかりませんが、よさそうですね。

Tanabe kirjoitti:
Flarona kirjoitti:先週フィンランド語でも一句を書きました。

lampun valossa
kosteat koivunlehdet
kuin meripihkaa
ランプの灯に輝く湿った白樺の葉は琥珀のようだ、という詩ですね。
美しいですね。


フィンランド人は「秋がみにくくて嫌いなぁ」とよく言っているので美しいところを見せたいと思います。フィンランド人の思いを表したいと言葉が三つしか要らないのでしょう。

粘土色、雨も多い、寒くなる
Terveee, zebra naapuri.
Avatar
Flarona
 
Viestit: 454
Liittynyt: 15.11.2007 17:35
Paikkakunta: Itä 東

ViestiKirjoittaja Tanabe » 09.11.2009 15:01

Flarona kirjoitti:
Tanabe kirjoitti:でも、次の句でどうでしょうか?

つかの間の飛行機雲は友のもと (つかのまの ひこうきぐもは とものもと)

ここで「友」とは「飛行機雲の友達」つまり「雲」のこと。
ちょっとの間出ていた飛行機雲は、気がつくと仲間の中に入り込んで区別がつかなくなってしまった...というようなイメージ。

「もと」はわかりませんが、よさそうですね。
「もと」には「下」という漢字を使いますが、「~の所」という意味です。

次のように使います。

例) 私は昨日友人のを尋ねた。 = 私は昨日友人の所を訪問した。

Flarona kirjoitti:フィンランド人は「秋がみにくくて嫌いなぁ」とよく言っているので美しいところを見せたいと思います。フィンランド人の思いを表したいと言葉が三つしか要らないのでしょう。

粘土色、雨も多い、寒くなる
この3つの言葉がフィンランド人の秋に対するイメージなんですか?
日本だと、爽やか、美しい、美味しい というのが秋のイメージですが。:)

p.k.)
「秋がみにくくて嫌いなぁ」→「秋がみにくくて嫌(いやだ)なぁ」

フィンランド人の思いを表したいと言葉が三つしか要らないのでしょう。

フィンランド人の思いを表すなら言葉が三つしか要らない()でしょう。
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

ViestiKirjoittaja Zhivago » 04.01.2010 19:36

ちょっとHなハイク。 秀作なんてないよ。

お元日
奮起もろもろ (いろいろ?)
ひめ始


・・・「もろもろ」という言葉をこんな風に使っていいでしょうか。
Avatar
Zhivago
 
Viestit: 448
Liittynyt: 12.09.2006 23:22
Paikkakunta: Espoo

ViestiKirjoittaja Tanabe » 05.01.2010 14:11

Zhivago kirjoitti:・・・「もろもろ」という言葉をこんな風に使っていいでしょうか。
Kyllä se käy.
もろもろ:lla on sama merkitys kuin いろいろ:lla.
Esim.
もろもろの説がある。 = いろいろの説がある。
その他もろもろ = その他いろいろ

Muuten, tuollainen hauskaa ja vitsikästä 俳句a sanotaan 川柳(せんりゅう).
Tanabe
 
Viestit: 313
Liittynyt: 25.11.2006 03:44
Paikkakunta: Osaka->Tokio

Re: Haiku

ViestiKirjoittaja Vilkku » 23.11.2014 22:04

春がない
夏も、と秋も
今は冬 :P
にほん vaiko にっぽん kas siinä pulma. :)
Avatar
Vilkku
 
Viestit: 172
Liittynyt: 06.12.2013 17:34
Paikkakunta: トゥルク

Seuraava

Paluu 日本語のフォーラム - Japaninkielinen foorumi

Paikallaolijat

Käyttäjiä lukemassa tätä aluetta: Ei rekisteröityneitä käyttäjiä ja 1 vierailijaa

cron